Read Article

『割安投資信託が続々登場!』(2016/10/11日経)

こんにちは!みらい女性倶楽部のブログ担当冨田です。

個人型確定拠出年金、愛称「iDeCo(イデコ)」。
来年から大幅に加入対象者が拡大するとあって、個人型確定拠出年金に関する情報も増えてきました。今日はそんな中から気になる話題をご紹介します。

~個人型DC、割安投信続々~
・SBI証券 日本株インデックス型投信(ニッセイアセットマネジメント)信託報酬0.21%で追加投入
・楽天証券 9月下旬より運営機関として新規参入、低コスト商品をそろえる
・三井住友銀行 9月から低コスト商品をそろえたプランを開始
(出典:日本経済新聞 夕刊 2016/10/11付)

個人型確定拠出年金の主な運用商品である投資信託には、私たち投資家が支払うコストとして「信託報酬」「信託財産留保額」というものがあります(※)。
そのなかでも「信託報酬」を引き下げたお得な商品がどんどん登場しているというニュースですね。
このトレンドはまだまだ続きそうです。
(※)投資信託には「販売手数料」というコストもありますが、確定拠出年金では原則かかりません

信託報酬は投資信託を保有している間、ずっとかかるコストなので、投資信託を選ぶ際、気にかけておきたいポイントのひとつです。

同じ投資対象(たとえば「日本株式型」、「外国債券型」など)の投資信託において、信託報酬の違いがどれほど資産に影響を与えるかは、前回のブログ【用語解説】信託報酬って一体なに?でご紹介していますのでそちらを参考に♪

個人型確定拠出年金を始めるには、まず加入窓口となる金融機関(銀行や証券会社など)を選びます。そして、その選んだ金融機関で個人型確定拠出年金用にラインナップされた商品のなかから、どの商品で運用するのかを決めます。

つまり、お得な商品を揃えている金融機関選びが重要になってくるということですね。

大切な老後の資金を、時間をかけてじっくり増やしていきたい!
できるだけコストは抑えて賢く運用したい!

これは誰しもが願うことですし、そんな希望にこたえる低コストの商品がたくさん登場してくれるのは嬉しいことです。
ですが、どんどん流れてくるお得な情報が多すぎて戸惑ってしまったり、難しく感じてしまう方もいらっしゃるのではないかと思います。

みらい女性倶楽部では、個人型確定拠出年金のメリットや使い方を学んでいただけるセミナーを毎月開催しています。ご興味のある方は一度参加されてみてはいかがでしょうか。

————————————
iDeCoセミナーの開催予定
水戸開催 11月22日 詳細・申し込み
東京開催 12月未定

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top