Read Article

【メルマガより】個人型DCの気になるニュース

みらい女性倶楽部の鈴木さや子です。

みらい女性倶楽部では、毎月、無料メルマガを配信しています。
DCを中心に、お金のこと、キャリアのこと、その他色々、
女性の方にぜひ知っておいて欲しい旬なニュースを解説しています。

9月に配信したメルマガより、「個人型DCの気になるニュース」を抜粋してご紹介しますねー!

最新情報が知りたい方はぜひご登録くださいねー。

———————————-
●〇 個人型DCに関する気になるニュース ●〇
———————————-
◆9月24日から楽天証券申し込み受付開始!

楽天証券が個人型DCの取り扱いを9月24日に開始します。
売りは口座管理手数料の安さ。なんと「口座残高10万円以上」で口座管理手数料が無料になります。

これまで口座管理手数料が最も安かったSBI証券・スルガ銀行の「口座残高50万円以上で無料」では、毎月2万円積み立てた場合2年以上手数料がかかっていたところ、楽天証券であれば5ヶ月だけで済む計算に。

楽天証券で取り扱う商品は全部で28本(28年8月時点)。信託報酬が業界最安値といわれる「たわらノーロードシリーズ」を個人型DCで初めて取り入れていたり、セゾン投信の大人気ファンド「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」をこれまた個人型DCで初めて取り扱うなど、さすが後から参入しただけあり、なかなか良いラインナップです。

すべての商品において、信託報酬が他の金融機関より低いことはもちろんないですが、多くのインデックスファンドで、かなり信託報酬が低い商品を揃えているようですね。たとえば、国内REITのインデックスファンドを例に比較すると

・楽天証券「三井住友・DC日本リートインデックスファンド」:0.2808%
・SBI証券「DCニッセイJ-REITインデックスファンド」:0.5940%

となんと半分以下!そもそも国内REITのインデックスファンドを取り扱っている金融機関はほとんどないため、ご興味がある方は楽天証券要チェックです!

◆SBI証券も9月23日より加入・移換時手数料、口座管理手数料の無料キャンペーン開始

そんな楽天証券に対して、SBI証券も黙ってはおりません!
新規にSBI証券にて個人型DCに加入する人を対象に、資産残高にかかわらず口座管理手数料を0円に、また加入・移換時手数料も現行1000円から0円にするキャンペーンを実施しています。

商品も10月14日から4本追加し、なんと合計53本ものラインナップとなりました。

◆損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントも12月をメドに個人型DCに参入

運用会社である損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントが、個人型DCの取り扱いを開始します。
資産運用のノウハウを蓄積した運用会社が個人型確定拠出年金の運営管理機関になるのは国内で初めてだそう。
現時点で発表されているサービスは、口座残高が100万円未満で、口座管理手数料が業界水準の約半額の月140円、100万円以上で無料、というところ。現在SBI証券・スルガ銀行・楽天証券以外の金融機関は、どこも運営管理手数料が300円以上ですので、140円は嬉しいですね。
商品ラインナップの発表が楽しみです!

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top