Read Article

【用語解説】REIT(不動産投資信託)とは?

REITとは、Real Estate Investment Trustの略で、「不動産」に投資する「投資信託」のこと。

特長をあげると…
・不動産を直接持たなくても、5万円くらいから少額で不動産投資ができる
・分配金がある
・株と同じように証券取引所に上場している
・利回りが比較的高い(分配金を換算すると平均4%くらい)
・投資先ごとに色んな種類が選べる(オフィス、ホテル、商業施設など)

不動産投資というと、「マンションやアパートのオーナーになって、家賃収入を得る」というイメージですが、ローンを組んだり、専門的な知識が必要だったり、購入後の管理やメンテナンスも大変…、と気軽にできることではありません。

でも、誰にでも気軽に少額から不動産投資ができ、「家賃収入」を間接的に「分配金」の形でゲットできるのがREITです。

REITそのものは証券会社でしか買えませんが、いろいろなREITに投資するファンドなら銀行でも買えるし、積立なら月1000円などから買えちゃいます。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top