Read Article

【最新ニュース】投資したお金が目減りしない「元本確保型」のファンドが登場!

先月の日本経済新聞に『アセマネOne、投信に元本確保型』というタイトル記事がありました。投資したお金が目減りしない仕組みの投資信託が登場する、とあります。(日本経済新聞 2018/6/24付)

えー!!!投資信託といえば「元本保証なし」が基本の金融商品のはず。
にもかかわらず、お金が目減りしない仕組みの「元本確保型」とは一体どういうことなのでしょう。

記事によれば、
・国内外の株式・債券の運用成績に連動する特殊な債券を組み入れ
・満期時には元本が原則戻るという債券の特性を利用し、投資資金の目減りを防ぐ
とのことです。

現在、約6000本もある国内の公募投信のうち、為替リスクのない円建ての「元本確保型」は他にないので、ファンドの詳細の発表を待っていました!

そしてとうとう、この投資信託が大和証券で販売開始されました!商品内容がわかりましたので、当コラムでご紹介しますね。

ファンド名:「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018―07」

・ゴールドマン・サックスが発行する円建債券(ゴールドマン・サックス社債)に高位に投資
・設定日から約1 0 年後の満期償還時のファンドの償還価額について、元本確保
・国際分散投資戦略の収益によりゴールドマン・サックス社債の利金を獲得
・ゴールドマン・サックス社債の利金収入から諸コスト等を差し引いた分配原資のなかから、年1回の決算時に分配を行う

(運用会社:アセットマネジメントOne HP「ファンド概要」より引用)

ファンドの投資対象である「ゴールドマン・サックス社債」とは、アメリカに本拠地を置く総合金融グループのゴールドマン・サックスが発行する債券のこと。

債券というのは、発行時に手に入れれば、発行する会社や国が予定通り償還することで、元本確保できる商品です。すなわち 、満期償還時の元本の安全度は発行元のゴールドマン・サックスの信用力によることに。

ゴールドマン・サックスの信用格付は「A」です。(格付投資情報センター R&Iによる)
格付は、信用度の高い順にAAA→AA→A→BBB→BB→B→CCC…、と符号で表されます。

ちなみに、R&Iの信用格付定義は以下の通り。

「AAA」:信用力は最も高く、多くの優れた要素がある。
「AA」:信用力は極めて高く、優れた要素がある。
「A」:信用力は高く、部分的に優れた要素がある。
「BBB」:信用力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある。

ゴールドマン・サックスの「A」は、最高格付の「AAA」より劣りますが、「投資適格」とされる格付ですので大きな心配はないと言えるでしょう。

参考までに、日本企業で「A」に格付されている会社は、ハウス食品グループ本社、富士通、ツムラ、りそなホールディングス、大和証券グループ本社などです。(R&I格付一覧:平成30年6月30日現在)

ただし信用格付は、経営に重大な影響を与える事象の発生や、業績の急変、事業環境の無視できない変化などには見直されます。将来にわたり、同じ格付であるとは限らないと理解しておきましょう。

ファンドの運用期間は約10年。組み入れる債券を同期間の満期償還まで保有することで、ファンドの元本を確保する仕組みです。

ファンドにかかるコスト(信託報酬)は、組み入れ債券の利息(クーポン)から充当。

国際分散投資した結果、運用益があれば年1回のファンド決算時に実績連動クーポンとして分配があり、運用がうまくいかなかった場合には分配はありません。

つまり投資信託ながら、
約10年の信託期間を保有し続けることで元本を確保し、運用によるプラスアルファも期待できるかもね
といったファンドです。

運用期間中のコストはクーポン(利息)でまかなわれますが、販売手数料(税抜1%)や信託期間の途中で解約する時の信託財産留保額(基準価額の0.3%)が別途かかることには注意が必要です。

また、あくまでも条件付きの「元本確保型」であり、信託期間中の解約の場合は元本割れする可能性がある、ことは覚えておきましょう。

そして、このファンド、思わぬところにハードルがありました。残念なことに、投資金額が300万円から10万円刻みと高く、気軽には始められません。

このファンドは、為替リスクのない円建ての投資信託で「元本確保型」といった珍しい商品ですが、まとまった資金の運用先としての位置づけとなりそうです。

というわけで、ファンドの仕組みとしてはリスクに対して尻込みしがちな投資初心者向けであるものの、金額的に万人向けではありません。

やはり、投資信託の基本の「き」である「分散と少額」を武器に、リスクの低減を図るのが王道なのかもしれませんね。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top