個人年金保険と個人型DC比較

「個人型DC」と「個人年金保険」を比べてみよう

みらい女性倶楽部の内村です。 日本人には馴染みのある「個人年金保険」(民間で販売されている商品)は、 「保険料控除で税金も安くなる」というイメージも強いです。 そこで上の表で、税制的にトリプルでお得とされている「個人型DC」と比べてみましょう。 まず、税制のメリット①②③を見てください。 ①掛金についての所得控除 個人...

個人型と企業型のちがい

「個人型DC」と「企業型DC」の違い

確定拠出年金には「個人型」と「企業型」の2種類があります。 「個人型」は加入できる人が任意で加入を選択できますが、 「企業型」は企業が導入を決め、従業員と規約を結ぶ形となり、 原則従業員全員が加入しなければなりません。 また、「個人型」は加入した個人が掛金を負担しますが、 「企業型」は導入した企業が掛金を負担します。 ...

個人型DCのしくみ

個人型DCのしくみ

個人型確定拠出年金は、さまざまな機関が関係して運営されています。 色々な会社から通知などが来るため、大変わかりづらいですが、それぞれの役割をきちんと理解することが大切です。 ※クリックすると大きく表示できます

個人型DCとは

個人型DCとは

確定拠出年金は、自分で資金を拠出し、自分で運用し、60歳以降に受取る私的年金です。 この確定拠出年金には「企業型」と「個人型」の2つのタイプがあります。 このうち「個人型」は企業には属していなかったり、自分の会社には確定拠出年金制度がないなど、 加入するのに一定の要件があります。 加入できる人はこちらで確認できます。 ...

個人型DCのメリット

個人型DCのメリット

■積立するとき 全額が「所得控除」の対象となります。 積立金は経費となるので、課税される所得を減らすことができる。 →税金(所得税・住民税)が減ります ■運用するとき 運用益が「非課税」です。 →運用で出た利益に対して、税金はかかりません ■受け取るとき 「公的年金控除」「退職所得控除」の対象となります。 ・年金として...

個人型DCのデメリット

個人型DCのデメリット

 60歳まで引き出せない 一度確定拠出年金に加入すると、60歳になるまでは原則解約することができません。 緊急時であっても引き出すことができないため、積み立ては余裕資金で行うことが必要です。 しかし、何があっても引き出せないことは、使ってしまう誘惑に惑わされずに 老後資金を積み立てられることにもなります。 自分で運用し...

Return Top