Read Article

「新型コロナで家計が激変!アフターコロナに向け、効果的な対策とは」 後編

5月25日に緊急事態宣言が全国で解除されました。
子供達の学校生活や経済活動が、徐々に平時に戻ろうとしていますね。

しかし、家計については、これからあるかもしれない収入減やボーナス減、また今後訪れるかもしれない、コロナの第2波、3波に備えていく必要があります。

前編では、新型コロナにより大きく変化した家計の立て直し方について、お伝えしました。

後編では、今回のように経済的に大きな変化があった時の家計の守り方と、具体的な対策についてお伝えします。

家計を守るためにするべきこと1 「使える制度」を知る

今回の新型コロナウィルスによる経済の落ち込みに対し、様々な支援がすでに始まっています。

なかでも、国民一人あたり一律10万円が支給される「特別定額給付金」は、多くの方が知り、すでに申請を済ませた方もいるでしょう。

この時期の現金支給は、家計にとって、とてもありがたく、心の余裕にもつながります。

「特別定額給付金」のように、連日報道されていれば、皆が知ることができますが、中には、あまり知られていない支援もあります。

支援策というのに、必要な人に情報が伝わらなければ、当然のことながら活用することもできません。

これは非常にもったいない!

今のような、いわゆる非常時に限ったことではありませんが、家計を守るためには、ご自身が使える情報(制度)を探すことがとても大事です。

参考までに、今回のコロナウィルスに関する支援策の中から、家計に関係があるものをまとめてみました。
このように、給付だけに限らず、支払いの猶予や免除、減免、そして家庭向けの融資など、家計を支援する制度は数多くあります。

今困っていることがある場合には、すぐにでも連絡をして、積極的に利用してください。
また今必要でなくても、知っておくだけで、いざという時にとるべき行動がすぐにできます。

日ごろから、信頼できる情報収集先を見つけておくというのも、家計を守る上で大きな力になりますよ。

家計を守るためにするべきこと2 いざという時に使えるお金を増やす

前編では、家計の立て直し方についてお伝えし、その中で、「今あるお金を把握しましょう!」とご提案しました。

今あるお金が把握できたら、その中からいざという時の「生活防衛費」を確保します。

理想としては、半年分程の生活費を「生活防衛費」として確保できれば、収入の危機にもすぐに追い込まれず、精神的な余裕をもって次の対応ができます。

でも、今コロナ禍でそんなに確保できていない人も、少しずつ「生活防衛費」を増やす行動をしていきましょう。

ここでの「生活防衛費」というのは、現金やすぐに下ろせる貯金・預金などのことです。

具体的に現金を増やすため、すぐにできることを考えていきましょう。

(1)クレジットカードの使い方を見直す

これから入るお給料やボーナスを見越した使い方をしている人は、一時的にクレジット払いをやめて、今あるお金だけで過ごす習慣をつけてみましょう。
支払い方法をクレジットカードから現金に変えるだけで、お金の使い方が変わる人も多いです。

(2)ローンでの買い物はできるだけ避ける

先が見えない中でローンを組む(借入れ)ことは、リスクも高く、利息分の支出も当然大きくなります。未来のお金を必要以上に使うことは控えましょう。

(3)投資に回している金額を一時的に減額する

現金の割合が不足している場合は、一定の額まで現金が確保できるまで、投資に回す金額を減らしましょう。いざという時に投資しているものの現金化は、時間や手間がかかり、損をする可能性もあります。

このように、お金の使い方や投資計画を今一度見直して、いざというときに使えるお金を増やし、家計の体力強化を図りましょう。

いかがでしたでしょうか?
長期戦となるコロナとの生活、家計においても長期戦で家計を守っていきましょうね。

(執筆 山本美紀

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top