Read Article

【わたしのiDeCo日記】(SBI証券)セレクトプランへの変更届がとどきました

★注意★
本コラムは、あくまで筆者の体験談であり、個別企業および個別商品を推奨しているものではありません。

前回のコラムで、オリジナルプラン(旧プラン)からセレクトプラン(新プラン)へ変更する書類請求をしたとお話しました。

本日、SBI証券より「プラン変更届」を受け取りましたので、早速記入して返信したいと思います。封筒の中身を確認すると、提出に必要な変更届は1枚、しかも記入箇所はわずか。これ、書面での手続き必須ですか…、と思ってしまうほどです。

住所氏名などの基本情報のほか、「加入者ID」と「基礎年金番号」の記入が必要です。
あとは、変更するプラン選択欄にチェックを書き込むだけです。

今回は、不備のないプラン変更届を作成、投函した後、新プランへ変更完了するまでの流れについてお伝えします。

新プランで運用を始められるのは、いつから?

新しいプランで運用が始められるのは、プラン変更届がSBI証券に到着するタイミングにより

・毎月1~5日(※)までに到着 →翌月26日より引落される掛金から可能
・毎月6日~月末(※)までに到着 →翌々月の26日より引落される掛金から可能
(※)土日祝の場合は前営業日

となっています。

たとえば、わたしの場合、9月末までに到着し受領されれば(※)、11月の26日に引落される掛金から新プランでの運用が可能となる予定です。
(※)受領とは、書類の内容に不備なく審査が完了した場合のこと。

拠出した掛金を、どの商品で運用するかの配分設定も新たに必要です。新プランで使用する「IDとパスワード」が発行されたら、配分設定を拠出日(※)の前日までに加入者サイトにて行います。(※掛金引落日(26日)の12営業日前後)

新プラン開始までにやることは?

新プランへ資産が移換された翌日以降は、現在のプランへのログインはできなくなります。現在のプランから移管された資産は、新プランでは「移換金」と表示され、それまでの拠出履歴や損益を確認することが出来ません。そのため、それまでの取引履歴や取引明細が必要な人は、データを保存するかプリントアウトしておきましょう。

プラン変更による資産の移換はいつ?移換されたらすることは?

現在のプランで運用している資産は、新プランでのIDが発行されると、SBI証券の任意のタイミングで現金化されプラン変更届の締め日(毎月5日)から2~3か月後に移換されます。

わたしの場合だと、現在のプランの資産は全額すでに投資信託から定期預金に移してあるため、この定期預金を任意のときに「現金化」し移換されることになります。

もし、現在のプランで投資信託の保有がある場合は、あらかじめ売却(元本確保型商品へのスイッチング)していないと、任意のときに現金化されてしまいます。ご自身で売却時期を検討したい方は、プラン変更は売却が済んでからがよいでしょう。

移換金は、新たなプランの中から運用する商品を指定します。掛金の配分設定をしても、別途、移換金にも配分設定が必要です。掛金と同じでも、別の選定もどちらも可能です。

以上が、プラン変更届を返信提出し受領された後の、おおまかな流れです。新しいIDとパスワードが届きましたら、実際の手続きについてまたお伝えしますね。

★2020年9月18日現在の情報です
(執筆:冨田仁美

※こちらの記事もおすすめです

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top