Read Article

アルバイト代が増えたので増額してみた!【大学生投資日記Vol.3】

「ホンモノの投資をやってみたい!」と言い出した大学1年生の長女。色々考えて、生まれて初めての証券口座に楽天証券を選び、積立投資を始めました。
詳細はVol.1・Vol.2をご覧ください↓

先日、家庭教師のアルバイトを1つ増やしたそうです。この記事では、初めて投資にチャレンジする大学生が、収入に合わせて増額してみたお話しをお伝えします。

投資額を増やしたくなった理由は2つ

大学1年生の長女、長い夏休みが先日終わりましたが、夏休み中サークル活動もあまりなかったこともあり、アルバイト三昧。どうしてそんなに働くのか訊いたら、どうやら学生のうちに親友と2人暮らしをしたいと思っているらしく、そのためにお金を貯めたいとのことでした。目標額は2人で100万円なんだそう。

先日はアルバイトを1つ増やし、さすがに親の扶養を外れるまではいかないまでも、そこそこの手取り収入が見込めるようになった長女。ある日こう言ってきました。

「ママ、収入が増えたから使わないようにしたいんだけど、この間始めた投資って金額増やせたりするの?」

2つ持っている銀行口座のうち1つを貯金用にしているので、決めている貯金額以外の余りをそのまま投資にまわしたい模様。これが投資額を増やしたくなった1つ目の理由です。

ちなみに投資にまわすお金は目標100万円の貯金計画とは別のもの。投資を始めたいと言われた時に、「最低10年間は積立をコツコツ続けるつもりでやると良いよ」とわたしに言われたこともあり、2人暮らし用のお金は普通預金で貯めているようです。

投資額を増やしたくなった2つ目の理由は、ずばり「もっと運用したいから」。彼女が積立している、全世界を対象にしたインデックスファンドは、ずっと右肩上がりできていたので期待していたようですが、積立を始めてからずっと横ばい。なんなら9月は低かったくらい。初めての投資で、そんなに簡単に増えるものではないということを実感しているようです。

それでも、チェックした日によっては利益が思ったより高い時もあり、元本を増やしたらこの効果が大きくなるのでは?と考えたみたいです。

同じ銘柄で増額するか、違う銘柄に新規積立設定をするか訊いたところ、「うーん、とりあえず今の銘柄を増やす」ということで、今の世界株ファンドの積立額を増やすことに決定しました。

投資額の増額に挑戦!

増額をするために、楽天証券のマイページにログイン。「投資信託」クリック⇒「積立設定」クリックで、現在の設定内容を見ることができます。

積立しているファンドの一番右「変更」をクリック。

変更後の積立金額を入れて内容確認すれば完成!

これで次の引き落とし額から増額されそうです。

ちなみに支払手段によって、設定の締め切り日は異なるようです⇒楽天証券サイトをご参照

積立投資を始めて3ヶ月の感想

最初はドキドキして始めた長女でしたが、証券口座を作り積立設定をしてから最初の引き落としまで空いた1ヶ月以上で、ドキドキは薄れていたようです。忙しい毎日で、申込をしたことを忘れていたくらい。

それでも引き落とし日が来ればお金が引き落とされ、買い付け日が来れば投資信託が自動的に買われます。これが「積立」の威力だなと見ていて感じました。

本人もたまにチェックしては「あ!今月も積み立てられた!」なんて喜んでいます。

時期も悪かったので、まだ大きく評価益を得る経験はしていませんが、それでも低空飛行の今はたくさんの口数を買い付けられることも目で見て実感しているので、「今は買い時」と思えているとのこと。こればかりは実際に買ってみないと実感できないことですね。

また、しょっちゅうチェックはしていませんが、たまに見た時に基準価額が下がっている時には「一体何があったんだろう」と疑問を持てるように。これも投資をしていなかったら全く思わない視点でしょう。

2年生になったらインターンも始まるため、今のアルバイト収入水準をいつまで保てるかわかりません。きつくなったら減額設定して、残高不足にならないように気を付けてねと話しました。

10年後、大きく増えた資産を結婚資金なんかに充てちゃったりして…と母はあたたかく見守っています。

★2021年10月9日現在の情報です
(執筆:鈴木さや子

★マネー教育記事一覧はこちら★
みらいに役立つ無料メルマガ配信中
無料相談のお申し込みはこちら

※こちらの記事もおすすめです

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top