【最新ニュース】iDeCoの規制緩和!銀行の窓口で運用商品の説明が受けられる!

【最新ニュース】iDeCoの規制緩和!銀行の窓口で運用商品の説明が受けられる!

2019年7月1日より、iDeCoの運営管理機関となっている金融機関の営業職員が、運用商品の説明を窓口で行えるようになりました! 厚生労働省のHPに「金融機関等の営業職員における運営管理機関業務の兼務規制の緩和について(2019年7月1日施行分)」が発表されています。 兼務規制とは、 金融機関の窓口でiDeCoの加入を...

老後資金2000万円問題、いったい何が問題で、どうしたらいいの?

老後資金2000万円問題、いったい何が問題で、どうしたらいいの?

先日のコラム(人生100年時代に備える「積み立て投資」って、本当に有効なの?)で取り上げた、金融庁金融審議会がまとめた報告書が、ここのところ世間で話題になっています。 報告書の公表時には、わたしの住む地元の新聞の一面にもデカデカと報じられ、記事の大きさと内容の扱いにやや違和感を覚えていたところ、 ・年金は破綻している、...

人生100年時代に備える「積み立て投資」って、本当に有効なの?

人生100年時代に備える「積み立て投資」って、本当に有効なの?

2019年6月4日の朝刊各紙で多くの方が目にしたのではないでしょうか。 「95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要!」 これは金融庁の金融審議会がまとめた報告書の内容を伝える記事の見出しなんですけど、わたしの住む地方紙では1面のトップ記事として大きく報道されていたので、その扱いにもちょっとビックリしました。 ...

iDeCoの運営管理機関から「重要なお知らせ」が届いていませんか?

iDeCoの運営管理機関から「重要なお知らせ」が届いていませんか?

先日、iDeCoの運営管理機関から「重要なお知らせ」という郵便が届きました。 iDeCoに加入しているみなさんのところにも届いていませんか? 封書の表には、 『確定拠出年金 書類在中』 とあります。 実はこれ、年に一度送られてくるiDeCoの「お取引明細」。 加入するiDeCoの資産残高等に関する定期報告で、1年間のi...

iDeCoを検討中のあなたへ。加入者のホントのところ、知りたくありませんか?

iDeCoを検討中のあなたへ。加入者のホントのところ、知りたくありませんか?

2017年1月に現役世代のほぼ全員が加入対象となって以来、iDeCoの認知度も高まり加入者数は約110万人になりました。(2019年2月末時点) 110万人も加入しているの!? と驚かれるかもしれませんが、加入対象者が約6700万人と言われているので、110万人の加入でも全体でみると2%に満たない数字。 まだまだ、これ...

投資信託の平均保有期間と長く続けるコツ

投資信託の平均保有期間と長く続けるコツ

先日の日経新聞に「個人が投資信託を保有する期間が長くなってきている」と紹介する記事がありました。 2018年は平均3.4年で前年比0.8年も延び、2008年以来10年ぶりの長さになったそうです。(日本経済新聞 2019/02/17付け) ちなみに直近の平均保有期間の最短は2013年の1.7年で、それから5年で倍の期間に...

3月は株主優待の注目シーズン!おトクそうだけど注意点は?

3月は株主優待の注目シーズン!おトクそうだけど注意点は?

企業決算が集中する3月は、1年で一番「株主優待」が注目されやすい時期。マネー雑誌に特集が組まれたりするので、興味を持たれる方も多いのではないでしょうか。 株主優待とは、割引券や商品券や食料品など、企業が株主に対してプレゼントをする制度のこと。 お米や特産品、お買い物の割引券、ギフトカタログなどがもらえるとあって、株主優...

iDeCo掛金額証明書の発行タイミングが変更になっています

iDeCo掛金額証明書の発行タイミングが変更になっています

みらい女性倶楽部アドバイザーの大江加代さんからiDeCo情報をいただきました。 iDeCoに加入している人には、毎年10月に「個人型確定拠出年金に関する重要なお知らせ」なる圧着はがきが届きます。 このハガキは「小規模企業共済等掛金払込証明書」というもので、1月から9月までに掛金の払込があった人に発送され、10月から12...

海外居住になると、iDeCoは続けられるの?

海外居住になると、iDeCoは続けられるの?

iDecoは、原則60歳までは資金を引き出すことができません。老後のための資産形成なので、60歳まで拘束されている方がしっかり資産形成できるのです。これ、iDeCoのメリット。 ところがそのつもりで積み立てていたのに、自分の意志とは関係なく積み立てが続けられないことがあるとしたらビックリしませんか? 例えば、iDeCo...

つみたて投資を始めたみなさん、運用状況はいかがですか?

つみたて投資を始めたみなさん、運用状況はいかがですか?

2017年1月からほぼすべての現役世代が加入対象となった「iDeCo」や、2018年1月からスタートした「つみたてNISA」をキッカケに、つみたて型の投資を始めた人も多かったのではないでしょうか。 専業主婦だったわたしも加入対象となり、老後の資産形成のひとつの手段としてiDeCoで「つみたて投資」を始めました。 まだ始...

Return Top