とある定年夫婦が楽しむ、株式投資のマイルールとは?

とある定年夫婦が楽しむ、株式投資のマイルールとは?

これまでは経験がなかった人も、定年を機に「はじめてみようかなー」と思うことが多い株式投資。 そのきっかけとなる思いは「退職金を元手に」「時間がたっぷりあるから」とさまざまです。 現役時代にはなかった「ゆとり」を手にして、一から勉強を始める方もいらっしゃいます。 定年退職後に自分なりのルールを作り、夫婦で株式投資を楽しん...

【最新ニュース】投資したお金が目減りしない「元本確保型」のファンドが登場!

【最新ニュース】投資したお金が目減りしない「元本確保型」のファンドが登場!

先月の日本経済新聞に『アセマネOne、投信に元本確保型』というタイトル記事がありました。投資したお金が目減りしない仕組みの投資信託が登場する、とあります。(日本経済新聞 2018/6/24付) えー!!!投資信託といえば「元本保証なし」が基本の金融商品のはず。 にもかかわらず、お金が目減りしない仕組みの「元本確保型」と...

企業型DC(確定拠出年金)の運用商品ラインナップ、ぜひ検証してください!

企業型DC(確定拠出年金)の運用商品ラインナップ、ぜひ検証してください!

2017年1月から現役世代のほぼ全員が加入できるようになったiDeCo(個人型確定拠出年金)。厚生労働省のHPによると、加入者数はどんどん伸び約90万人になりました(平成30年4月30日現在)。 確定拠出年金には個人型(iDeCo)と企業型があり、企業型の加入者数は約650万人。iDeCoのなんと7倍以上!と結構な規模...

【最新ニュース】SBI証券のiDeCo、運用商品数が2023年までに約半分に!

【最新ニュース】SBI証券のiDeCo、運用商品数が2023年までに約半分に!

SBI証券のホームページのiDeCoサイトの【ご加入者さまへのご案内】に、 『2018年5月の制度改正(指定運用方法および運用商品の本数制限)に関する当社対応について』 というタイトルを見つけました。 先日の【最新ニュース】でもご紹介したとおり、2018年5月に施行された改正確定拠出年金法に対応するため、運営管理機関で...

【用語解説】債券(さいけん)とは?

【用語解説】債券(さいけん)とは?

投資信託を投資対象でグループ分けしたものに「カテゴリー分類」「ファンド分類」があります。 投資対象は「株式」や「債券」や「不動産」などが一般的ですが、株式や不動産は何となくイメージできても「債券」はよくわからない人も多いのでは? 債券とは、国や地方自治体や会社が「お金貸してくださーい」と、借りる期限(満期)と借りている...

【最新ニュース】楽天証券、iDeCoのデフォルト商品に投資信託を採用。「楽天・インデックス・バランス(DC年金)」に決定。

【最新ニュース】楽天証券、iDeCoのデフォルト商品に投資信託を採用。「楽天・インデックス・バランス(DC年金)」に決定。

先日のコラム(【最新ニュース】iDeCo、資産を投信主体で運用するよう促す取り組みが始まる!)で、 『平成30年5月に施行される改正確定拠出年金法で、企業型確定拠出年金の初期設定に投資信託を促すようになる流れを受け、個人型確定拠出年金の運営管理機関である銀行や証券会社が対応に動き出した』 と、ご紹介しました。 運営管理...

【最新ニュース】NISAの非課税期間が2018年末から満了へ。ロールオーバーする?しない?

【最新ニュース】NISAの非課税期間が2018年末から満了へ。ロールオーバーする?しない?

日本経済新聞に『NISAの非課税枠満了 初年の資産丸ごと移換可能』という記事がありました。(2018/05/19付 朝刊) 個人投資家のための税制優遇制度として、2014年1月に始まったNISA(少額投資非課税制度)。 NISAでは、毎年120万円の非課税投資枠が設定されていて、株式や投資信託などの配当・譲渡益等が非課...

【用語解説】為替ヘッジ、って?

【用語解説】為替ヘッジ、って?

外国の資産に投資するファンドで見かける「為替ヘッジあり」「為替ヘッジなし」の文字。 そもそも「為替(かわせ)」とは一体なんなのでしょう。 投資の世界で「為替」とは、ニュースなどでよく耳にする「円安ドル高」「円高ドル安」と表現される、外国為替のことです。 通常、外国の株式や債券、REITなどへの投資は、投資対象の資産を現...

【最新ニュース】iDeCo、資産を投信主体で運用するよう促す取り組みが始まる!

【最新ニュース】iDeCo、資産を投信主体で運用するよう促す取り組みが始まる!

日本経済新聞に『個人型年金、投信を基本』という記事タイトルがありました。(2018/04/24付 朝刊) 平成30年5月に施行される改正確定拠出年金法で、企業型確定拠出年金の初期設定に投資信託を促すようになる流れを受け、個人型確定拠出年金の運営管理機関である銀行や証券会社が対応に動き出したというのです。 初期設定とは、...

【最新ニュース】銀行窓口のiDeCoサービス拡充検討に期待!

【最新ニュース】銀行窓口のiDeCoサービス拡充検討に期待!

日本経済新聞に『「イデコ」銀行窓口で 老後資金、自助努力後押し 』という記事がありました。(2018/04/16付 朝刊) 記事によると、 厚生労働省は、老後に備えた個人の資産形成を促すため規制を緩和する。銀行などの窓口で個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」に加入できるようにする。 というのです。 2017年1月...

Return Top