【最新ニュース】iDeCoの新規加入者数が大幅に伸びています!

【最新ニュース】iDeCoの新規加入者数が大幅に伸びています!

国民年金基金連合会が発表している「iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入等の概況」によると、2021年2月のiDeCoの新規加入者数は約4.6万人。1ヶ月の加入者数が4.5万人を超えるのは、2017年1月以来、4年ぶりです。 2017年1月というと、公務員や専業主婦も加入対象となり、現役世代のほぼ全員がiDeCoに入れ...

【つみたてNISAを使いこなそう!】つみたてNISAを30歳で始めた人の活用事例

【つみたてNISAを使いこなそう!】つみたてNISAを30歳で始めた人の活用事例

投資信託で積み立てて、運用で増えた利益が非課税になるおトクな制度の「つみたてNISA」。 前回のコラムでは、つみたてNISAの「20年の非課税期間」のルールと、20年後はどうしたらよいかについて解説しました。 つみたてNISAの20年の非課税期間は、あらかじめライフプランと重ねて、活用方法をイメージしておくと、より有効...

【つみたてNISAを使いこなそう!】20年の非課税期間のルールと、20年後はどうすればいい?

【つみたてNISAを使いこなそう!】20年の非課税期間のルールと、20年後はどうすればいい?

つみたてNISAは、投資信託で積み立てて、運用で増えた利益が非課税になる、とってもおトクな制度。(つみたてNISAの制度概要については、こちらを参照ください) ところが、制度の仕組み自体をきちんと理解している人って、少ないように思います。 どんなおトクな制度も、ルールを正しく知らないと、効率的な資産形成ができません!逆...

ターゲットイヤーファンドって、どんな投資信託なの?

ターゲットイヤーファンドって、どんな投資信託なの?

ターゲットイヤーファンド。つみたてNISAやiDeCoの運用商品ラインナップで見かけたことがあるかもしれません。 最近では、iDeCoの指定運用方法(※)に、定期預金ではなくターゲットイヤーファンドを採用する運営管理機関もでてきました。 ※ 加入者が掛金や資産の投資配分を指定しない場合に組み入れられる商品のこと。デフォ...

iDeCoのお金を受け取る時のこと、知っていますか?

iDeCoのお金を受け取る時のこと、知っていますか?

老後のために、じっくり時間をかけて資産を育てるiDeCo。60歳以降、ようやくその資産を受け取れるようになります。でも、いざ受け取りについて考えると、 「どうやって受け取るの?」「60歳になったら振り込まれるの?」「税金や手数料は?」 など、疑問がわいてくる人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、60歳以降に訪れ...

現在、56歳です。iDeCoを始めるのは遅すぎますか?

現在、56歳です。iDeCoを始めるのは遅すぎますか?

先日、こんなご質問をいただきました。 「現在、56歳の会社員です。iDeCoを始めるのは遅すぎますか?」 50代の半ばも過ぎると、自分たちの老後の生活を考えて、人生の資金設計を本格的に考える時期となってきます。 せっかくなら所得控除のメリットがあるiDeCoを活用したい!と思ったのに、60歳までしか入れないと聞いて、入...

iDeCoとつみたてNISA、どっちをやればいいの?

iDeCoとつみたてNISA、どっちをやればいいの?

積立投資に興味を持たれる方が増えてきた証拠でしょうか。「iDeCoとつみたてNISA、どっちをやったらいいんでしょう」という質問を多く頂くようになりました。 「投資信託」で「積み立て」し、「運用益は非課税」といった共通点があるから、わたしはどっち?って考えてしまうのでしょう。 結論をひとことで言っちゃうと、「積み立てる...

【最新ニュース】みずほ銀行、通帳発行を有料化!通帳レスが加速する!?

【最新ニュース】みずほ銀行、通帳発行を有料化!通帳レスが加速する!?

日本経済新聞に「通帳発行に手数料、みずほ銀行18日から 横浜など地銀も」という記事がありました(2021年1月16日付け)。 え――!これから通帳を繰り越すときも手数料がかかっちゃうの? と、心配された方も多かったのではないでしょうか。 今回、みずほ銀行の通帳発行で、1冊あたり1100円(税込)の手数料がかかるのは、2...

投資初心者に向いている「つみたてNISA」って、どんな制度?

投資初心者に向いている「つみたてNISA」って、どんな制度?

つみたてNISA(ニーサ)とは、2018年にはじまった「つみたて」型の「少額投資非課税制度」のこと。日本に住む20歳以上(2023年1月からは18歳以上)の人なら、誰でも使える国の制度です。 つみたてNISAには、投資の初心者さん向けの仕組みがたっぷり。もし、将来のための積立に時間をかけられるなら、運用でふやせるチャン...

iDeCoの手数料をかしこく節約する方法

iDeCoの手数料をかしこく節約する方法

iDeCoの手数料は、加入してから資産を受け取り終えるまで、さまざまな場面でかかります。 手数料は、避けて通れない必要コストではありますが、できるだけ手数料が安い運営管理機関を選んだり、拠出する回数を工夫したりするなど、節約できるんです。 今回は、手数料を節約する方法について解説します。 <目次> ■iDeCoの手数料...

Return Top