共働き夫婦、子どもはどちらの扶養にいれる?断られるケースとは?

共働き夫婦、子どもはどちらの扶養にいれる?断られるケースとは?

共働き夫婦に子どもが産まれると、夫婦のどちらに子どもを扶養にいれるか悩む人はとっても多いんです。やっぱり、おトクな選択をしたいですものね。 しかし、オトクな選択をしたくても、実際には親の自由に選べるとは限りません。扶養にいれようと申請したところ、「断られた!」ということもあります。 スムーズかつおトクに扶養申請するため...

2022年春の不妊治療の保険適用を待たなくていい人とは?

2022年春の不妊治療の保険適用を待たなくていい人とは?

子どもが欲しいけどなかなか授かれない夫婦のため、人工授精や体外受精などの不妊治療について、2022年4月から健康保険の適用化が予定されています。 家計のためには治療費はできるだけ抑えたいものです。そのため、保険適用を待っている人もいると思いますが、本当に待ったほうが良いといえるのでしょうか?筆者は、無理に待たなくてもい...

妻が扶養を外れて国民年金・国民健康保険に加入するメリットとは

妻が扶養を外れて国民年金・国民健康保険に加入するメリットとは

夫の扶養から外れて働く場合、起業やダブルワークなどの理由により厚生年金や勤務先の健康保険に加入できない人は、「国民年金(第1号被保険者)」と「国民健康保険」(以下、「国保」)に加入することになります。 「子育てママがパートから個人事業主に!働き方・社会保険・税金はどう変わる?」の記事で紹介した通り、国民年金は年間約20...

妻が扶養を外れて健康保険・厚生年金に加入するメリットとは

妻が扶養を外れて健康保険・厚生年金に加入するメリットとは

前回の記事(103万円・130万円の壁を超えて働くなら、いくらを目指すべき?)では、妻が夫の扶養から外れて働くと、社会保険料などの負担が発生するため、130万円の壁を超えて働くなら年収160万円以上を目指すことをおすすめしました。 社会保険料は収入の約15%に相当し、経済的な負担は小さくありませんが、その代わり被保険者...

103万円・130万円の壁を超えて働くなら、いくらを目指すべき?

103万円・130万円の壁を超えて働くなら、いくらを目指すべき?

パートなどで夫の扶養内で働く妻の多くは、103万円や130万円の壁を意識して働いているでしょう。でも、「もっと収入を増やしたい」「もう少し働ける時間が増やせる」など、扶養を外れて働きたいと考えたことはありませんか? そこでこの記事では、扶養を外れて働くと発生する、税金や社会保険料の金額、おすすめの目標年収の目安を紹介し...

「男性」の育休取得!収入減をカバーする給付金等のしくみとは?

「男性」の育休取得!収入減をカバーする給付金等のしくみとは?

以前の記事で紹介した通り、育児・介護休業法の改正により出生時育児休業が成立するなど、男性の育休取得に向けて社会全体の体制が整ってきました。 実は日本の育休制度は優秀です!男性の育休取得をためらう原因の1つに「収入面の不安」が挙げられますが、育児休業給付金を活用すれば、収入はほとんど減らない人もいます。 この記事では、男...

新設される男性版の産休って?育児・介護休業法改正のポイントとは

新設される男性版の産休って?育児・介護休業法改正のポイントとは

2021年6月の国会で育児・介護休業法の改正が成立し、「出生時育児休業」が新設されることが決まりました! 今回の改正は、男女ともに仕事と育児を両立できるよう、子どもが誕生した後に今よりも柔軟に仕事を休めるようにすることが目的です。 気になる「出生時育児休業」の概要のほか、育児休業の分割取得など、育児・介護休業法の改正内...

ワーママ必見!出産に関する医療費控除のポイントは?

ワーママ必見!出産に関する医療費控除のポイントは?

出産などで医療費がたくさんかかると使える「医療費控除」。ネットでやり方を調べてみても、超長文の説明ページに心が折れて、諦めてしまったママもいるのではないでしょうか。 忙しいワーママは、効率が第一です! そこでこの記事では、「医療費控除ってどのくらいおトクなの?」「私は利用するべき?」と迷っている人が、知っておきたいポイ...

産休・育休で約6カ月間ママの収入が止まる!?休業中の資金計画のポイント

産休・育休で約6カ月間ママの収入が止まる!?休業中の資金計画のポイント

働くママなら、産休・育休中は「出産手当金」と「育児休業給付金」で約半分~3分の2の収入がカバーされることは、自然と耳に入ってくることと思います。 しかし、これらの手当が入金される時期は、給料と比べてとても遅いことはご存じでしょうか?特に産休手当は、休業開始から約6カ月後になるケースも珍しくないのです。 ※本文では、出産...

ワーママ必見「子の看護休暇」とは?法改正で時間単位の取得も可能に!

ワーママ必見「子の看護休暇」とは?法改正で時間単位の取得も可能に!

働くママやパパは、子どもの体調不良や通院などで「仕事を休みたい」「遅刻・早退して対応したい」となることが珍しくないでしょう。 そこで知っておきたいのが「子の看護休暇制度」です。 法律により定められた制度のため、働き方や勤務先によらず、働いている親は原則全員利用できます。さらに法改正によって、2021年1月からは「時間単...

Return Top