不妊治療も仕事も諦めたくない!両立するためのヒントは?

不妊治療も仕事も諦めたくない!両立するためのヒントは?

健康保険が適用できる不妊治療の範囲が広がり、治療費を抑えつつ体外受精などにもチャレンジしやすくなりました! ※こちらの記事 「2022年4月から不妊治療の保険適用範囲が拡大!治療費の目安は?抑えるポイントは?」 もご覧ください しかし、治療のステップが進むと、通院回数の多さや体調の変化などから、「仕事との両立の難しさ」...

2022年4月から不妊治療の保険適用範囲が拡大!治療費の目安は?抑えるポイントは?

2022年4月から不妊治療の保険適用範囲が拡大!治療費の目安は?抑えるポイントは?

夫婦のうち、5~6組に1組は検査や治療を受けたことがあるともいわれる「不妊治療」。 2022年4月から健康保険の対象となる不妊治療の種類が増え、人工授精や体外受精、男性不妊の手術なども、保険診療で受けられるようになりました! そこで、すでに治療をしている人も、これから治療をするかもしれない人も知っておきたい「不妊治療で...

私立小学校に子どもを3人進ませたい!家計は大丈夫?【マネー相談】

私立小学校に子どもを3人進ませたい!家計は大丈夫?【マネー相談】

子ども2人を持つママから、次のようなご相談をいただきました。 「現在子どもは2人(3歳・6歳)ですがあと1人子希望しています。3人を小学校から私立に行かせ、できたらマイホームを購入したいのですが、このままで老後資金は大丈夫でしょうか?」 マネープラスにて、みらい女性俱楽部運営者の鈴木が回答させていただきました。 共働き...

知らないと損する!?2022年10月から育休中の社会保険料免除の基準が変わります!

知らないと損する!?2022年10月から育休中の社会保険料免除の基準が変わります!

健康保険法の改正によって、2022年10月から、育児休業期間中(以下、育休中)の社会保険料が免除になる基準が変わります。改正後は、月末に復職していても、その月の社会保険料が免除となる可能性があるのです。どう変わるか知らないと損してしまうかも!? 今回は、育休中の社会保険料の免除の条件について、2022年10月以降どのよ...

専業主婦のままじゃダメ?将来の家計も参考にキャリアについて考えてみよう

専業主婦のままじゃダメ?将来の家計も参考にキャリアについて考えてみよう

共働きで働く夫婦が増えているなかで、「専業主婦でもいいのかな?私も働くべき?」など、不安や後ろめたさを感じたまま生活していませんか? この記事では、専業主婦でいることにモヤモヤしている人に、自分の気持ちを整理することや、キャッシュフロー表などを作成して将来の家計に関する不安を“見える化”することをおすすめしています。 ...

【日経掲載】スキルアップで収入もアップ 公的支援でお得に学ぶ

【日経掲載】スキルアップで収入もアップ 公的支援でお得に学ぶ

みらい女性俱楽部運営者の鈴木が執筆した記事が、日本経済新聞の「学んでお得」のページに掲載されました。 スキルアップで収入もアップ 公的支援でお得に学ぶ 昨今の相次ぐ値上げの嵐に「まずは節約」となりますが、節約ばかりでは生活が窮屈になるばかり。収入アップの両輪でインフレヘッジ出来たらいいですね。 スキルや知識磨きに、なる...

「収入」と「所得」の違いは何?働く女性のためにやさしく解説!

「収入」と「所得」の違いは何?働く女性のためにやさしく解説!

「収入と所得って何が違うの?」 会社の年末調整や確定申告が来るたびに、このような疑問が浮かんできませんか? 収入や所得という言葉は、所得税や住民税を算出するときによく出てきますね。また、所得制限が設けられている制度(例えば児童手当や扶養など)も多いため、収入や所得を正確に把握したいときもあるでしょう。 そこでこの記事で...

パート主婦の年収150万円の壁!「配偶者控除・配偶者特別控除」とは?

パート主婦の年収150万円の壁!「配偶者控除・配偶者特別控除」とは?

アルバイトやパートで働く主婦の場合、年収が150万円を超えると、夫の手取り収入が減ることがあるのはご存じでしょうか? これは、「配偶者控除」と「配偶者特別控除」という税金の制度に関係するお話です。これらの控除を満額受けられる給与年収が150万円であることから、「150万円の壁」といわれています。 今回の記事では、妻がパ...

共働き夫婦、子どもはどちらの扶養にいれる?断られるケースとは?

共働き夫婦、子どもはどちらの扶養にいれる?断られるケースとは?

共働き夫婦に子どもが産まれると、夫婦のどちらに子どもを扶養にいれるか悩む人はとっても多いんです。やっぱり、おトクな選択をしたいですものね。 しかし、オトクな選択をしたくても、実際には親の自由に選べるとは限りません。扶養にいれようと申請したところ、「断られた!」ということもあります。 スムーズかつおトクに扶養申請するため...

妻が扶養を外れて国民年金・国民健康保険に加入するメリットとは

妻が扶養を外れて国民年金・国民健康保険に加入するメリットとは

夫の扶養から外れて働く場合、起業やダブルワークなどの理由により厚生年金や勤務先の健康保険に加入できない人は、「国民年金(第1号被保険者)」と「国民健康保険」(以下、「国保」)に加入することになります。 「子育てママがパートから個人事業主に!働き方・社会保険・税金はどう変わる?」の記事で紹介した通り、国民年金は年間約20...

Return Top