みらい女性倶楽部

 かしこい女性はもうはじめています

  時間を味方につけて大きく育てよう
               わたしのみらい

NEWS

お知らせ

「動画でわかる!iDeCoきほんのき」配信始めました
★視聴はこちら
iDeCo・投資信託に関するコラム連載中!
★目次はこちら
20日間投資信託<無料>メールセミナー好評配信中!
★詳細はこちら

3月は株主優待の注目シーズン!おトクそうだけど注意点は?

3月は株主優待の注目シーズン!おトクそうだけど注意点は?

企業決算が集中する3月は、1年で一番「株主優待」が注目されやすい時期。マネー雑誌に特集が組まれたりするので、興味を持たれる方も多いのではないでしょうか。 株主優待とは、割引券や商品券や食料品など、企業が株主に対してプレゼントをする制度のこと。 お米や特産品、お買い物の割引券、ギフトカタログなどがもらえるとあって、株主優...

企業型DCの継続教育コンテンツに悩んでいる方へ

企業型DCの継続教育コンテンツに悩んでいる方へ

先日、ある人から「実は勤務先の企業型DCの継続教育担当になっちゃって困っています・・・」とききました。 なんでも外部に委託する方針でない会社とのこと、今後どう従業員にコンテンツを提供していけばよいか、悩んでいたのです。 ちょうどみらい女性倶楽部アドバイザーの大江加代さんがこの資料を作っていたので、渡してあげたところ、大...

iDeCo掛金額証明書の発行タイミングが変更になっています

iDeCo掛金額証明書の発行タイミングが変更になっています

みらい女性倶楽部アドバイザーの大江加代さんからiDeCo情報をいただきました。 iDeCoに加入している人には、毎年10月に「個人型確定拠出年金に関する重要なお知らせ」なる圧着はがきが届きます。 このハガキは「小規模企業共済等掛金払込証明書」というもので、1月から9月までに掛金の払込があった人に発送され、10月から12...

海外居住になると、iDeCoは続けられるの?

海外居住になると、iDeCoは続けられるの?

iDecoは、原則60歳までは資金を引き出すことができません。老後のための資産形成なので、60歳まで拘束されている方がしっかり資産形成できるのです。これ、iDeCoのメリット。 ところがそのつもりで積み立てていたのに、自分の意志とは関係なく積み立てが続けられないことがあるとしたらビックリしませんか? 例えば、iDeCo...

つみたて投資を始めたみなさん、運用状況はいかがですか?

つみたて投資を始めたみなさん、運用状況はいかがですか?

2017年1月からほぼすべての現役世代が加入対象となった「iDeCo」や、2018年1月からスタートした「つみたてNISA」をキッカケに、つみたて型の投資を始めた人も多かったのではないでしょうか。 専業主婦だったわたしも加入対象となり、老後の資産形成のひとつの手段としてiDeCoで「つみたて投資」を始めました。 まだ始...

【最新ニュース】2019年4月からJAバンクでみずほ銀行取り扱いのiDeCoの受付を開始!

【最新ニュース】2019年4月からJAバンクでみずほ銀行取り扱いのiDeCoの受付を開始!

『イデコの加入 農協で可能に』 この新聞の見出しに目が止まりました。(日本経済新聞 朝刊 2018/11/30付け) なぜ注目したかというと、iDeCoの運営管理機関の業務提携では加入受付窓口として「○○銀行」や「○○金庫」などの堅めの金融機関が名を連ねることが多いから。 「農協」の2文字に、日常生活のすごく身近なとこ...

【最新ニュース】KDDIがスマホ年金サービス「auのiDeCo」の提供を開始!

【最新ニュース】KDDIがスマホ年金サービス「auのiDeCo」の提供を開始!

KDDIとKDDIアセットマネジメントが、2018年10月24日から個人型確定拠出年金サービスの提供を始めました。 『スマホで、ねんきん。ちょっと意外ですか?』 と語りかけるKDDIアセットマネジメントのHP。 iDeCoの加入申込みから、加入後の運用状況の確認や運用商品の見直しまで、未来の年金作りがスマホのアプリでひ...

【最新ニュース】続報!SBI証券のiDeCoに新プラン「セレクトプラン」が登場!

【最新ニュース】続報!SBI証券のiDeCoに新プラン「セレクトプラン」が登場!

先日のコラム(【最新ニュース】続報!SBI証券のiDeCo、除外予定対象運用商品が決まる!)からあまり日が経っていませんが、またまたSBI証券から新たなプレスリリースがありました。 (詳しくはコチラ→「iDeCo(個人型確定拠出年金)新プラン設定のお知らせ」) なんと、2018年11月1日から新プラン「セレクトプラン」...

【最新ニュース】株式の売買単位が10月1日から100株に統一!

【最新ニュース】株式の売買単位が10月1日から100株に統一!

東京証券取引所をはじめとする全ての証券取引所に上場する株式の売買単位が、10月1日から100株に統一されました。 売買単位とは、上場株式を売買する時の最低株数のことです。 かつては、株式の売買単位といえば銘柄によって「まちまち」が当たり前。でも売買単位が異なると、わかりにくいだけでなく発注の間違いなどもありました。 そ...

低金利下で少しでも高い利息を得ようと、超長期債が人気化?

低金利下で少しでも高い利息を得ようと、超長期債が人気化?

最近、新聞記事の見出しに『超長期債』というキーワードをよく見かけます。 ・社債大量償還、悩む投資家 超長期債に資金振り分け(日本経済新聞 2018/7/14付け) ・超長期債の発行2割増 日航が20年債準備(日本経済新聞 2018/9/2付け) ・超長期債、取引の主戦場に(日本経済新聞 2018/9/27付け) 超長期...

【最新ニュース】iDeCoの掛け金の納付期間が65歳までに延びるかも!

【最新ニュース】iDeCoの掛け金の納付期間が65歳までに延びるかも!

先日、日本経済新聞一面の『確定拠出年金 納付を延長 厚労省検討 受給増へ65歳まで』という見出しが目に飛び込んできました。(2018/8/31付け) iDeCo(個人型確定拠出年金)の掛金を払い込める期間(加入期間)は、現在20歳から60歳までですが、厚生労働省はこれを、65歳まで延ばす方向で検討に入るとのこと。 確定...

顧客の約半数が損失?投信「高値づかみ」のワナって?

顧客の約半数が損失?投信「高値づかみ」のワナって?

日本経済新聞で興味深いタイトルを見かけました。(2018年8月2日付け 朝刊) 『顧客の46%、損失抱える 投信「高値づかみ」のワナ』 記事によると、金融庁が銀行29行で調査したところ、投資信託を保有していた顧客の46%が損失を抱えていた、とのこと。(2018年3月末時点) 銀行からは「利益を出して売却した顧客は調査対...

Return Top