Read Article

「みらいとーくBar ~身近になってきた親の介護~」開催報告

10月28日(水)20:00にオープンいたしました「みらいとーくBar(場)」!

不定期でやってる、気ままなBar(場)。1日の終わりに、ちょっと気兼ねなくおしゃべりできるBar(場)を設けられたら…。
ご参加条件は、みらい女性倶楽部の無料メルマガ会員様、だけ。無料メルマガ会員にご登録いただくだけです。

みんなの気になる話題や心配に思っていることを、ゆるーく共有し、解決策や明日からの元気を出しあう参加型とーくの場(Bar)です。

こんな感じでご参加いただける方を募ろうと、当サイトとFacebookでご案内させていただいたところ、1日で予定人数いっぱいに。ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

今回のテーマは「身近になってきた、親の介護」。
とても関心の高いテーマだったようで、参加したかった~!のお声もたくさん頂戴しました。そこで、当日の「みらいとーくBar」の様子を少しご報告させていただきます!

★とーくBar時間  20:00開店 ~ 盛り上がって予定の21:00を通過 ~ 21:30閉店
★サブテーマ     介護が必要だと感じた親のエピソード、具体的な介護の実態について

すでに親御さんの介護を経験された方から、貴重な体験談やご経験からのアドバイスをたっぷり伺いました。

目からウロコだったのは、公的サービスを頼るタイミング。迷いや遠慮はまったく必要ないとビックリするほどでした。

★加齢に伴う親の変化に不安になったら、迷わず「地域包括支援センター」に相談する
★相談してよいかどうかは、相談者が悩まなくて(判断しなくて)よい
★60歳過ぎたら相談していいと思ってよい

60歳といったら、わたしだってそう遠くない未来です。70代80代の親ならなおのこと。
地域包括支援センターって、具体的な介護とまでいかずとも、相談レベルでも活用できるんですね。介護保険を申請する時しか使えないって思っていました。知りませんでした。

サービスを利用された方からは、介護が必要な親との同居を考えた時に、安心して親を受け入れられるよう、手すりなどのプチリフォームのアドバイスや、引っ越しの際に必要な介護タクシーの手配もサポートしてもらえたと教えていただきました。なんでも自分たちで抱え込まなくていいんですね。

また、親御さんの住むご実家と自分の生活圏が遠く離れているから、公的支援サービスのサポートで乗り切っている方のお話も。要介護認定があるとさまざまな支援サービスを受けられ、その費用も想像以上に安いんだそう!そして、

★65歳を超えたら、介護保険が使えるくらいに思っている方がよい

とのこと。
そうなんですかーーーー!

親のことだから自分でしてあげたい気持ちがあったり、自分が動いた方が安く済むと思っている人も多いそうですが、もっと支援サービスを活用するよう背中を押してくださるご意見もありました。

そのほか、デイサービスに行きたくないという親御さんの悩みにも、行動分析学を用いた考え方のアドバイスがありました。変化していく親の行動に感情的になるのではなく、こちらの意識改革で笑いながら乗り切ったお話もありました。

ある方のお父様が、ご本人はカッコイイと思われていて、ポケットに手を突っ込むんだそうです。ところが、お母様は転んだら危ないからやめさせたい。そこでお母様がポケットを縫い付けちゃったんですって。するとお父様はポケットに手を突っ込めない。でも少し認知症があってそのことに気づかなかったのか、縫い目をほどこうともしなかったそうです。

そんな解決策って、いいですね。
ともすると、これしちゃいけない、とか、なんでこんなことするの?と感情をぶつけがちなことも、視点を変えると優しい対応ができるんですね。

一緒に暮らしていく中で、日々の電話のやりとりの中で、ふと感じる親の変化。運転の仕方にマズイと感じられたことや、骨折をきっかけに、持病の悪化から介護状態になったことなど、短い時間の中、それぞれの親御さんとの具体的な介護の現場を、リアルに語りかけてくださいました。ヒシヒシと伝わる現実的な家族の介護のお話を、ほんとうにありがとうございました。

ご参加いただいた方の中には、いまは介護の現実に対面していないけど、いずれ来る…という覚悟だけはなんとなくあって、でも何が起こるか想像がつかない漠然とした不安をお持ちだった方も。いざ介護になった時に、どう自分の生活とのバランスをとっていったらよいのか、先人の知恵を借りたいと思っていた方も。たくさんの情報をいただいて、心の準備ができたとおっしゃっていました。

ご参加のみなさまのご協力により、みらいとーくBarは初回から『みんなの気になる話題や心配に思っていることを、ゆるーく共有し、解決策や明日からの元気を出しあう参加型とーくの場』となりました。

次回の「みらいとーくBar」は未定ですが、開催が決まりましたらメルマガでお知らせいたします。みらい女性倶楽部の無料メルマガ会員様が参加条件ですので、ぜひご登録ください。お待ちしております。

★みらい女性倶楽部の無料メルマガ会員登録のお申込みはこちら

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top