Read Article

iDeCoで積立定期!?

こんにちは!みらい女性倶楽部のブログ担当冨田です。

個人型確定拠出年金『iDeCo』、2017年1月からほとんどの現役世代が加入できるようになり、ちょうどひと月がたちました。税制のメリットがあるおトクな老後資金の準備手段として、テレビ、雑誌、新聞などでiDeCoが取り上げられない日はないほど盛り上がってますね!

そこで今日は、もっと活用できるコツの一つとして、「iDeCoで積立定期!?」というタイトルでお伝えしますね。

新聞にこんな調査の記事がありました。(日本経済新聞 2017/02/01付 朝刊)

~老後資金の準備について~ 全国の20歳以上の男女1200人を対象に昨年10月調査(複数回答)
・預貯金で準備する…41%
・老後も働く…36%
・金融商品で増やす…17%
・保険商品で準備する…13%
(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会調べ)

小さく紹介されていた記事なので、アンケートの詳細はわかりませんが、老後資金準備は手堅く預貯金で準備するという回答がトップ。運用で積極的に増やそうという回答はどちらかというと少数派なんですね。

となると…もしも「iDeCo=運用」というイメージがあるとしたら、積極的にiDeCoに加入したい!と思えない方も案外多いのでは?

だとしたら、もったいないですよ!

iDeCoの商品ラインナップに「定期預金」があることは知っていますか?
確定拠出年金には元本確保型の商品をラインナップしなければならないルール(※)があって、現時点、どの運営管理機関でも安全性の高い商品として専用の定期預金が準備されています。
(※)来年にはこのルールはなくなる予定

~運営管理機関ごとの元本確保型商品の例~
・野村證券…「セブン銀行確定拠出専用 定期預金」
・りそな銀行…「りそな据置定期預金」
・SBI証券…「スルガ確定拠出年金 スーパー定期」

普通に銀行の定期預金で老後資金の準備をしても、利息からは20%超の税金がひかれ、定期に預けた金額が全額所得控除になるメリットもありません。

でもiDeCoならラインナップのなかからどの商品を選んでも掛金が全額所得控除の対象になり、定期預金の利息も非課税です。もし、働いている方(所得税を払っている方)で、老後のために毎月コツコツ積立定期をしているのなら、iDeCoで積立てた方が断然おトク!

これまで運用をしたことがないなど運用に前向きでない方は、まずは定期預金でiDeCoをスタートしてみるのも問題ないんですよ。

ただし、iDeCoで定期預金を積み立てるデメリットは運営管理手数料というコストがかかること。
万が一、途中で積み立てるのをストップして、所得控除のメリットを受けられなくなったら…定期の低金利でちょびっとつく利息よりも手数料の方が高いため、資産が大きく目減りする可能性が!!

■毎月2万円の定期預金を積み立てた場合
年間積立額:24万円
年間利息(0.01%とした場合):24円
運営管理手数料(たとえば楽天証券の場合):2004円(資産残高10万円以上の場合)
節税額(所得税+住民税で15%とした場合):36000円
増えた額:24-2004+36000=34020円!

■積み立てをストップした場合
その時点での資産額:24万円

年間利息(0.01%とした場合):24円
運営管理手数料(たとえば楽天証券の場合):768円(資産残高10万円以上の場合)
節税額(所得税+住民税で15%とした場合):0円
増えた額:▲744円! なんとマイナスです!

定期預金でスタートしてiDeCoに慣れてきたら、少しずつ投資信託へ資金を預け替えるなども検討できるとより良いかもしれません。

次回は「こんな風に考えたら運用もこわくないかも…」というお話をコラムにしますね!

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top