Read Article

加入者サイトの「待機資金」って?【わたしのiDeCo日記】

前回のコラムで(【わたしのiDeCo日記】掛金の配分割合変更の手続きをしました)運用商品の変更手続きについてご報告しました。

本日もお話しする事例は、わたしのiDeCo運営管理機関であるSBI証券の場合です。
運営管理機関によって異なりますので、ご注意ください。

先日、運用商品の初期設定である「全額(100%)あおぞらDC定期1年」から投資信託へ掛金の配分変更をしました。

加入者のWEBサイトがどんな表示になっているのか気になってアクセスしてみると…。
ま、ま、真っ黒!

待機資金?

なんですか、これは…。

ポートフォリオの円グラフはよく目にしますが、全部が真っ黒になっている図を見ることはあまりなく、それが自分の資産状況を表すものだけに、ビジュアル的にびっくり!

WEBサイトの用語解説によると、

「待機資金」と表示されている場合は、購入手続き中で一旦現金の状態となっているもの

とのこと。

そこで、手続きの結果が表示されるのはいつなのか、コールセンターに問い合わせてみると「明日には画面に購入結果が反映されていますので確認してみてください」とのことでした。

合わせて、オペレーターの方に配分変更の手続きがちゃんと出来ていることも確認してもらって、一安心です。

待機資金、とは?

iDeCoの「待機資金」とは、前述の通り、購入指定した運用商品の注文手続き中で、まだ「現金」の状態の資金を表したもの。
まさに、待っている状態の資金、というわけです。

では、どんなときに、いつまで「待機資金」と表示されるのでしょうか。

【毎月の掛金を拠出したとき】
掛け金は、毎月26日(※)に銀行口座から引落され、運用指図日(引落日の12営業日後)になると、商品購入手続きが開始されます。
その翌日、加入者サイトの資産状況に「待機資金」と表示されます。
※ 26日が銀行休業日の場合翌営業日に引落されます。

購入手続き(数営業日、商品により異なります)が完了すると、「待機資金」の表示が消え、待機資金から購入した商品名に切り替わります。

【スイッチングをしたとき】
スイッチング(※)で、売却手続きまでは完了したけど、購入手続きが未完了のとき「待機資金」と表示されます。
この場合も、購入手続きが完了すると「待機資金」の表示が消え、商品名に切り替わります。
※ スイッチングとは、保有する商品を売却し、新たな商品を購入すること。

加入者サイトの資産状況に「待機資金」とあったら、まだ手続きの途中なんだなー、と思っておきましょう。

★2020年6月16日現在の情報です
(執筆 冨田 仁美)

★iDeCo関連記事一覧はこちら★
みらいに役立つ無料メルマガ配信中
無料相談のお申し込みはこちら

※こちらの記事もおすすめです

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top