Read Article

【みらいの無料相談会】ネット証券の「つみたてNISA」どの投資信託を選べばよいかわかりません

つみたてNISAを始めようと、ネット証券のサイトを見てみると、取扱商品がたくさんありすぎて困ってしまった。自分がやってみたい運用の投資信託がどれなのかわからない、というご相談をいただきました。

実際のサイトを参考に、投資信託えらびをサポートさせていただいた内容を、QAでご紹介しますね!
(※今回は、SBI証券の事例を参考にお話しています。金融機関によって異なりますのでご留意ください)

Q
SBI証券で、つみたてNISAをしようとサイトを見たところ、投資信託がたくさんありすぎて、自分がやりたい運用の商品がどれだかわかりません。どうやったら選べますか?

SBI証券の「つみたてNISA」取扱い投資信託は、174本(2021年7月15日現在)。これだけあると、おおよその運用の希望イメージを持っていても、どの投資信託が自分の考えに合っているのかわからなくても無理はありません。

でも、たくさんある投資信託も、いくつかの条件(株式や債券などの「何で運用」する」か、日本や世界など「どこに投資」するか、プロの目利きや市場に連動など「どう運用する」かなど)で振り分けると、おおよそ絞り込むことができます。各金融機関のサイトにある、絞り込みの機能を活用するといいですよ。

さて、今回のご相談者様は、世界株式で運用する投資信託をご希望でした。

商品を絞り込むにあたり、ご希望の「世界株式」について以下の質問をしました。
①世界株式には、日本を含めますか?
②運用のスタイルは、インデックスとアクティブがあったら、どちらがよいですか?
③為替の値動きの影響は気になりますか?

すると、①日本は含めなくてよい、②コストが低いインデックス運用を希望、③為替ヘッジコストはかけたくない、とのご回答。

そこで、実際のサイトを確認しながら、希望する投資信託の絞り込み方法のご案内をしました。

A
自分の希望に合った投資信託は、次の手順で絞り込めます
1.取扱商品一覧から、希望する投資信託をザックリと絞り込む
2.絞り込めたら、手数料、純資産、運用方針などから、投資したい商品を決める

SBI証券の「つみたてNISA」のページ内で、どのように絞りこむか、手順の一例を以下のようにお伝えしました。

①つみたてNISAの取扱商品ページの「ファンドを絞り込む」の該当項目にチェックし、条件に合った投資信託を選別する
・項目:「ファンド分類」→世界株式にあたる「国際株式」にチェック
・項目:「投資地域」→特に地域を限定しないので「グローバル」にチェック
・項目:「特色」→「インデックス」にチェック。為替ヘッジはしないので、「為替ヘッジあり」にチェックをしない

⇒ 取扱商品174本の投資信託から、希望の投資信託が32本に絞れました!

②絞り込んだ中から「手数料」「純資産(ファンドの大きさ)」で、候補になる投資信託を厳選する
・「手数料等費用」のタブをあけ、「信託報酬」の「▲▼」で低い順に並べ替える
・「基本情報」のタブをあけ、信託報酬の低いファンドの上位から「純資産」の大きいファンドを数本に「比較」のチェックをいれる
・「運用方針」のタブをあけ、「比較」する各ファンドの具体的な運用の指針を確認し、希望に近いものを選ぶ

⇒ この手順で絞り込むと、2本のファンドが選べました!

2本のファンドは、手数料や運用実績はほぼ同じ、純資産の規模も大差ありませんでした。どちらか1本だけでつみたてをするなら、最終的には好みのファンドを選んでいただければよいかと思います。

個別の投資信託のご案内は出来ませんが、自分に合った投資信託の選び方や、考え方のポイントについてのご相談は承れます。
もし、ご興味ありましたら、お気軽に無料相談お申込みくださいね。お申込みはこちらからお願いします。

(無料相談会 担当:冨田仁美

※こちらの記事もおすすめです

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top