Read Article

つみたてNISA 売却するときってどうなるの?(楽天証券の場合)

つみたてNISAは、投資した年から20年間、非課税の恩恵が受けられる制度です。

今年投資した分は20年後の2040年末までの利益が非課税に、来年2021年に投資した分は2041年末までの利益が非課税となります。もし20年経った時に売却したくない場合は、課税される口座に移し替えて運用を続けることもできますが、その際「時価」が取得価額として扱われることを知らない人も多いので、本題に入る前に簡単に解説しましょう。

40万円の投資額が20年前より10万円値上がりした場合、時価は50万円。課税口座に移し替えた後55万円になった時に売却すると、課税されるのは、時価からの値上がり分5万円に対してだけとなります。つまり値上がりした10万円は非課税となり、恩恵を受けられます。

しかし40万円の投資額が20年後に30万円に値下がりしていると大変です。移し替える際の時価は30万円となり、課税口座に移し替えた後40万円になった時に売却すると、元々の投資額と同じなのに10万円利益が出て売却したとみなされ、なんと約20%課税されてしまうんです。

この20年後のことって、つみたてNISAをしていても知らない人、結構多いんですよ。下がった場合は非課税の恩恵を受けられないことを踏まえ、私は、20年間ギリギリまで持つより、非課税期間中に売却して活用するのがよいのでは?と思っています(私見です)。

さて、本題に入りますね。

先日、こんな質問をいただきました。

「売却するときに、いつ投資した分といった指定をして売却をするんですか?できないんだとしたら、ちゃんと非課税の恩恵を受けられるのでしょうか?」

・・・そういえば私は積立投資をしているだけで、いまだ売却したことがなく、売却画面を見たことがなかったため、答えに窮してしまったのです(苦笑)

そこで、私がつみたてNISAをしている楽天証券の場合にはなりますが、売却画面はどうなっているのか、また、売却した資産がちゃんと非課税の恩恵を受けられるようなロジックになっているのか、お伝えします。

つみたてNISAの売却画面を見てみよう

そもそも、楽天証券の場合は、どこから売却画面にいけるのでしょうか?

楽天証券にログイン→「NISA つみたてNISA」をメニューから選択した画面からスタートしましょう。

「保有商品一覧」画面に行くと

この「売却」をクリックすると

こうなります。

・全部売却
・一部売却(金額指定)
・一部売却(口数指定)

の3つから選んで売却指定します。
すなわち、「2020年に投資した資産のうち40万円」といった投資した年を指定することはできません。それでは、ちゃんと非課税期間が先に切れる古いものから売却してくれるのでしょうか?

最も古く投資をした資産から売却される「先入先出」方式

NISA口座やつみたてNISA口座における売却は、投資した年が古いものから売却される「先入れ先出し方式」を採用している証券会社が多いようで、楽天証券もそうです。
そのため、投資した年を指定できなくても、口数や金額がその年の分を超えていなければ、最も古い(=最も早く非課税期間終了が到達する)投資資産から売却されます。

それでは、投資年ごとの口数や金額ってどうやって知ればよいのでしょう?

投資年別に保有商品をチェックする方法

少々わかりづらいのですが、先ほどのつみたてNISAのトップページから、投資した年別の口数や金額を知ることができます。

「NISA つみたてNISA」をクリックしたら、「年別保有商品」をクリック。
こんな画面となります。

ここを見れば、投資した年ごとの金額を見ることができます。しかし複数の銘柄を買っている場合の銘柄ごとの資産を知りたい!という場合は

左の列にある「対象年」にある西暦年をクリックして、少し下の方にスクロールすると、年別×銘柄別の口数、評価額などがわかります。

売却の際には、年別保有商品詳細画面をチェックすれば、安心ですね。

非課税期間が終わる前には、通知が来るらしい

ちなみに楽天証券によると、投資して20年後、非課税期間が終わる前に、通知が送られてくるとのことでした。通知があれば、上記のチェックをせずとも問題ないとは思いますが、だいぶ先の事なので、フローも変わっていくかも知れません^^;
できれば保有している間も、つみたてNISA口座を作っている会社のサイトにログインして、売却はどのようにすればよいのか、また、年別にどのくらい持っているかチェックしておくのがおすすめです!

(※)2020年10月楽天証券コールセンターへの問い合わせを参考に執筆しています。

★2020年10月16日現在の情報です
(執筆 鈴木さや子

こちらの記事もおすすめです

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top