Read Article

ベンチマークってなに?

投資信託を始めたい!と思っても、資料に載っている言葉がむずかしくて先に進めない・・・という方、とっても多いです。そこで、日頃聞いたことがないむずかしい言葉を解説していきますね。

<ベンチマーク>

その投資信託が運用の「目安」としている指数のこと

たとえば、日本株式で運用する投資信託のベンチマークには「TOPIX」や「日経平均株価」が使われることが多いです。もしある投資信託商品が、ベンチマークを「TOPIX」とし、上回る運用成績を目指している場合は、上回っていればファンドマネージャー(その商品の運用をする人)の腕がいいとなり、逆に下回っている時期が続く場合は、商品としてあまり魅力ないものと言えます。最低3年分は過去の実績をチェックするとよいですね。

すべての投資信託商品にベンチマークがあるわけではなく、「参考指数」としている商品があったり、ベンチマークや参考指数などは設定していない商品もあります。

以下、確定拠出年金で取り扱われる投資信託における代表的なベンチマークを紹介しますね。

■日本株式
○TOPIX (東証株価指数)
○日経平均株価

■外国株式
○MSCI コクサイ インデックス
日本を除く主要国を対象とする株価指数
○MSCI ワールド インデックス
新興国21カ国を対象とする株価指数

■日本債券
○ノムラBPI総合指数
■外国債券
○シティグループ世界国債インデックス
世界主要国の国債の総合投資利回りを各市場の時価総額で加重平均し指数化したもの
○JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス
新興国債券市場の時価総額で加重平均し、指数化したもの

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top