Read Article

サラリーマンだって節税できる

ac4aecda3ead08e17c34984619748059_sみらい女性倶楽部の鈴木です。

先日あるママと話していて、ふと言ったことが「えーー、知らなかった」と驚かれました。

サラリーマンで節税をあきらめている、というかそもそも「節税」なんて言葉、関係ないと思っている方、意外と多いんです。

でも、日本の税制は申告制度。知っている人だけが得するシステムです。もちろん、知らずに節税ができている方も多いのですが、ここでおさらいしておきましょう^^

あ、ここでは賃貸不動産を持つ、とかそういうのは、なしで書いてます。

<サラリーマンの節税方法>
・医療費が10万円以上いったら確定申告(医療費控除)
・保険に入っていたら年末調整(生命保険料控除)
・親を扶養に入れる(扶養控除)
・個人型確定拠出年金に入る(小規模企業共済等掛金控除)
・スーツ代や資格取得のための勉強に多額のお金がかかった人は確定申告(特定支出控除)
・株などで損したら確定申告して翌年に繰り越す(3年まで)その結果、翌年以降の利益に対する税金が安くなる

ちなみに、所得金額が減ることで、住民税も下がります!その結果、実は子育て世代にはさらに嬉しいことが・・

そう、認可保育園の保育料の減額の可能性がでてくること。

ちなみに、ふるさと納税や住宅ローン控除については、保育料ランク決めには影響がありませんが、節税方法の一つです。

・住宅ローンを利用していたら1年目確定申告、2年目以降年末調整(住宅ローン控除)
・ふるさと納税を利用して美味しいものなどをゲットしたら年末調整(寄付金控除)

この中の「個人型確定拠出年金」については、ほとんど知られていない制度なので、こうしてみらい女性倶楽部で普及活動をしています^^

ご興味のあります方は12月26日(土)いらしてくださいねー。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top